敏感肌なら避けておきたい成分 - 通販スキンケア比較Navi

通販スキンケア比較Navi
通販スキンケア比較Navi > 敏感肌なら避けておきたい成分

敏感肌なら避けておきたい成分

敏感肌にはどういう成分が配合されている基礎化粧品を選べば良いのか、いまいちよく分からない部分もあるでしょう。
通販化粧品であれば尚更です。
確かに成分で選ぶのは非常に重要なことですが、「避けるべき成分」についても注意が必要です。

まずはアルコール類です。
サッパリ系の基礎化粧品には必ずといっても良い程、含まれています。
少量だけならばまだ良いのですが、量が多くなると赤く腫れあがる等の症状が出るので要注意です。
脂性の方であればおすすめしたい成分ではあるものの、敏感肌であれば避けた方が良いでしょう。

また美白に効果があるとされているビタミンCも、敏感肌の方であれば要注意です。
ビタミンCの主な効果としては美白や肌のきめを整える等がありますが、取り扱いを少しでも間違えてしまうと肌荒れを引き起こしてしまいます。
ものすごく上手く使いこなせるのであれば、敏感肌の方でも問題なく使うことは出来るかと思います。
しかしビタミンCは非常に取り扱いが難しく、配合されている他の成分の影響により"毒"にもなります。
口から摂取する分に関しては何も問題はありませんが、肌につけるとなると注意が必要です。

更に一見すると肌に良さそうな精油も、敏感肌であれば気を付けた方が良いでしょう。
適切な量をきっちりと守って使用する分に関しては問題ありませんが、少しでも間違ってしまうととんどもないことになってしまいます。
「植物」と一言言っても、肌に良いものもあれば、悪いものもあります。
もし選ぶのであれば、刺激が少ない「肌に良い植物成分」が配合されている物を使うようにして下さい。